誰が財産を相続できるのか

身内が亡くなったとき、誰が財産を受け継ぐ人になるのでしょうか?
誰が相続人になるのでしょうか?

ここで言う財産を受け継ぐ人というのは、
法律上での亡くなった方の地位を受け継ぐ人のことです。

誰が受け継ぐのか、これは亡くなった方との続柄によって法律で決まっています。
そのなかでも特別扱いとなっているのが配偶者で、常に受け継ぐ権利を有していることが法律で決まってます。

もちろん配偶者とは、戸籍上での配偶者のことです。
たとえ冷め切った夫婦だとしても最優先順位です。
逆に仲が良かったとしても、内縁関係の場合は受け継ぐことはできません。
配偶者についでの受け継ぎ人となるのは、
子供、親、兄弟姉妹の順になっています。

ちなみに、子供は用紙の場合でも実子と同様の権利があります。
また養子となっている場合、養親は養親の血族にも法廷血族関係があります。
また、養子になった子供は、実親の受け継ぎ人にもなることができます。

つまり養子は、実親と養親のどちらの財産も受け継ぐことができるということになります。
また、法律上配偶者でない女性が出産した非嫡出子の場合でも、
実子同様に受け継ぐことができますが、
その場合受け継げる財産は嫡出子の半分になりますので注意が必要です。