第3順位(兄弟姉妹など)

相続とは亡くなった被相続人の財産を、相続人が引き継ぐこととされています。
相続できる親族の範囲と順位が決められていますが、これらの人を法定相続人と呼ばれています。

しかし、このような順位や仕組みを意外と知らない方もいらっしゃるかもしれません。
民法によって相続の優先順位が決まっていて、その相続順位に従い、遺産相続が決定することになります。

相続人の中で常に相続人になるのが、配偶者になります。ただし、法律上の婚姻関係にある者のみ認められていて、内縁関係では相続権はありません。

第1順位は直系卑属と呼ばれる子・孫・ひ孫などの事を言い、この場合の子には養子縁組した養子や、他の家に養子に出した実子・非嫡出子・胎児なども含まれます。

第1順位が居ない場合には、第2順位である直系尊属(そんぞく)の、父母や祖父母が相続することになります。
第1順位・第2順位が居ない場合のみ、第3順位である被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。

また、この兄弟姉妹のなかで子供を残してなくなっている場合には、その子供にも相続の権利があります。
被相続人の、甥や姪までが相続を認められているということになります。

日本では、これらすべての相続人が居ない場合、被相続人の療養看護に努めるなどした特別縁故者が居ない場合には、被相続人の遺産は国庫に帰属することになります。