第2順位:直系尊属(父母、祖父母など)

遺産相続の相続人がいったい誰になるのか、知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

遺産を相続できる人というのは、民法によって定められていて、その相続できる親族の範囲や順位には決まりがあります。
故人を被相続人といい、常に相続人となるのはその配偶者となります。
ただし、内縁関係では相続権は無いため、法律上の婚姻関係にある場合に、相続人となります。

配偶者の他には血族として第3順位まであり、第1順位は直系卑属(ひぞく)である、子や孫などになります。
第1順位が居ない場合のみ、第2順位である直系尊属の人が相続できることになります。
直系尊属というのは、被相続人の上の世代の直系親族のことをいい、父母や祖父母などになります。

直系尊属の中では、まずは父母が相続人となり、父母が死亡または相続権をなくした場合、祖父母が相続人となります。
相続のパターンとしては、まず配偶者がいる場合には、配偶者と子や孫が相続することになり、配偶者がいない場合には、子や孫が相続することになります。

子や孫がいない場合には、順位が第2位へと移り、配偶者がいる場合には、配偶者と父母または祖父母が相続し、配偶者がいない場合には父母または祖父母が相続する、という事になります。

直系卑属や直系尊属がいない場合のみ、第3順位へと相続されることになります。