第1順位:直系卑属(子、孫など)

遺産相続の際、いったい誰がその財産を相続できるのか、ということは疑問に思われるのではないでしょうか。
遺産を相続できる人は、民法で定められていて、その親族の範囲と順位が決められています。
ただし、配偶者に関しては、この相続順位とは関係なく、必ず相続人になることが出来ます。

相続順位は第3位まであります。
その中で相続第1順位になるのは、亡くなった方である「被相続人」の直系卑属(ひぞく)になります。

直系卑属とは、その被相続人より下の世代の直系親族の事を言います。
つまり、子・孫・ひ孫などが直系卑属となります。

この場合の「子」には、養子や非嫡出子・胎児(すでに生まれているものとみなされるため、相続することが出来ます)も含みます。

もし子が死亡していたり相続権を失った場合には孫へと代襲相続されます。
代襲相続とは、本来相続するべき人が、被相続人よりも先に死亡している場合に、その子孫が「身代わりになって相続する」ということになります。

たとえば、2人兄弟が相続した場合で、長男がすでになくなっている場合、その子が代わりに相続する、ということになります。

第1相続人の代襲は永遠に続きますが、第3順位の場合は違うため注意が必要です。