相続人のいる・いないで大きく変わる財産相続

普通被相続人が残した財産は、法定相続人に引き継がれますが、
一代で事業を起こし、有り余るほどの財産を残しながら、
身近に親族もいない場合、残された財産はどうなるのか部外者でも気になるところです。

財産相続を誰も引き継ぐ人がいなくて、
相続財産が宙に浮いた状態のことを相続人不在といいます。
相続人不在の場合のケースでは、法定相続人が誰もいない場合と、
法定相続人はいるが、行方のわからないケースがあります。

こういった場合、利害関係人の請求により不在者財産管理人を選任して、
遺産分割を行う方法と、失踪宣告を行って、不在者が死亡をしたものとして、
遺産分割を行う方法です。

失踪宣告の場合は、7年間の期間経過が必要ですし、
不在者財産管理人を選任して行う場合も、確定までには一定の期間が必要となります。

誰も相続人がいないとなると、故人が残した財産は国庫に帰せられますが、
遺言が残されていないかどうかの確認が必要となります。

遺言が残されていれば、その意志に従うことになります。
例え、遺言が残されていなくとも、被相続人の介護や看病に尽くした人や、
婚姻関係は無いが長年連れ添った人や、一定の関係がある人が主張をすれば、
一部もしくは全ての財産を引き継ぐことが出来ます。

シニア16